靴の教室・工房を運営している大阪のNPO法人です。

理論講座

  • HOME »
  • 理論講座

足と靴の理論セミナー

「足を熟知して靴を考える」これが良い靴の基本です。

足と靴の相関理論と既製靴型検査法の基礎を習得し、

良い靴作りを目指しましょう。

講座名足と靴の相関理論セミナー
内容  「足を熟知して靴を考える」これが《善い靴作り》の基本です。
ヨーロッパ靴先進国の靴技能士養成機関に於ける基礎学習は、造形・色彩学や靴工学(製靴技法)、ファッションビジネス学は基より、靴に関係する解剖生理学や運動力学(歩行)、そして医学が必須です。  ヨーロッパでは靴は古くから「《半医・半商》、医学の領域が半分入ったビジネスだ」と言われています。しかし日本の靴業界、特に若い製靴技術者や靴デザイナー達には最も乏しい知識だと言えます。
  そこで、次の通り《足と靴の相関理論セミナー》を開催します。
講師古瀬勝一(ふるせよしかず)氏
期間今回の募集は締め切りました。
次回開催は2020年春の予定です。

2019年9月29日~2020年2月16日
全て日曜日(全8回)
午前10時30分~午後5時30分
*日程は開講決定後に変更になる場合があります。
場所レザークラフトフェニックス3階教室
授業目標座学にて、足と靴の相関理論と既製靴型検査法の基礎を修得する
授業日程と内容2019/9/29 ①靴業界の流通業態、各国生産足数と輸出足数、販売シェアにおける経済効果等
10/13 ②テオリーⅠ 靴とデザインに関係する解剖生理学Ⅰ 骨学
11/10 ③テオリーⅡ 足と靴型の相関Ⅰ 
靴型への平面状足骨格基線配列
12/1 ④  〃    足と靴型の相関Ⅱ 靴型への踵高状(ヒールハイト設定)足骨格基線列
12/22 ⑤ 〃   足と靴型の相関Ⅲ 既成靴型検査と検証法 イタリア靴型プロポーション計算法 
2020/1/19 ⑥テオリーⅢ 歩行学(運動)
テオリーⅣ 靴とデザインに関係する解剖生理学Ⅱ 筋学、靭帯学、神経学
2/2 ⑦テオリーⅤ 足と皮膚の異常 Ⅰ 足の変形
2/16 ⑧ 〃  足と皮膚の異常Ⅱ 皮膚の異常 糖尿病足
テオリーⅥ 国際商品知識、国際皮革計量、国際サイズ換算
定員6名
  ※但し、定員に満たない場合は、再募集の為に開催を延期する
各自持参品筆記用具、その他随時事前に連絡
対象製靴経験者、靴業界関連全般
受講料全8回 100,000円 (会員 96,000円) 一括前納
別途資料代 5,400円(一回目の授業で講師に直接支払って下さい。)
お問い合わせお問い合わせ
過去の様子足と靴の理論セミナー

Copyright © 特定非営利活動法人シューネクスト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.