JLIA会報「JLIA(ジェイリア)」第96号の中の不正競争防止法の記事がちょっと面白い

会報「JLIA(ジェイリア)」(年2回発行)は、社団法人 日本皮革産業連合会(皮産連)のさまざまな事業活動をお知らせしています。
s-R0019200.jpg
会報「JLIA」 96号 PDF
年2回刊行、ということですのでJapanLeatherAwardなどちょっと前の話題があったりするのは
ご愛嬌で。
べすとれざーにすとさんのとーくしょーなどもありますが、これも置いといて、、、
置いとかなかったら多分書いちゃいけないことばんばんと書いてしまいますから。
見所は2頁の短い記事、「JLIA法制委員会セミナー 「登録されていない知的財産」を保護するために」というもの。


「知的財産が保護されるためには、発明や考案、意匠、商標などとして登録する必要があります。しかし出願には時間と費用が掛かるため、実際には登録しないまま販売を先行させる場合も多いのではないでしょうか。登録していないが、明らかに自社の商品である場合に保護されるのかについて、お話していきます。」
という出だしから始まるこの記事。
特許出願にかかる費用、時間。
登録するメリット。
未登録の場合は、不正競争防止法と著作権による保護が有効
などがまとめられています。
もちろん所詮2頁の記事ですのでたいした情報量ではありません。
ですが、「出願していないと自分は保護されない」「パクられても泣き寝入るしかない」と思っている方、
「将来的に自分のアイディアデザインがパクられたらちょっと怖いな」という方は一読をお勧めします。
この記事は、ここからスタートして理解を深める一歩だと思います。
関連リンク
知らないではすまされない? 知的財産権入門 – 法、納得!どっとこむ
不正競争防止法Q&A|法律相談所 – グリーンリーフ法律事務所

関連記事:

Follow me!