イギリスで靴を学ぶ、という話 part1 ”to” コードウェイナーズ

おりょ?水野さん、今日はやけに人が多いわね、どないしたの?
20121219_000.jpg
「ムラキさん、今日は原さんの初心者向け手製靴講座に見学者が1名、
さらに関東から工房レンタル、並びにパンプス作り方を習いに1名来られていてそのパンプス講座。
ついでにパンプス講座を習う子もいる状態よ。」
20121219_002.jpg
このスペースで2講座はかっつんかっつんだわねぇ(-_-;)
でも関東からわざわざなんでまた?
「コードワイナーズで勉強したそうなんだけど東京で作れる作業スペースがない、ということで
わざわざ来られたのよ」
こーどわいなーず?


コードワイナーズ
(コードウェイナーズ、Cordwainers College
現在はロンドン芸術大学 ロンドンカレッジ オブ ファッションの中にある。
靴の学校として有名
ほへ~
なんでまたわざわざ西にまで作りに来ているんですかい?
「2012年に帰ってきたばっかりで設備が自宅にない。
じゃぁ東京で作ろうかな、と思ったけどお金払えば自由に使える、というシステムのところがないんですよ。
それに作りたいのは10cmのヒールがついたパンプスなんですよ」
あぁ、そりゃつらいだろうなぁ。
シューネクストはかなり自由な工房で3時間2000円払えばご自由に、というシステムですからねぇ。
(未経験の方は講座をひとつは受けてもらうなりしますし、指導も可能です)
つぅか10cmってチャレンジャーな。
「3日間ここに通ってパンプスだけ作ったら帰るつもりだったんですけど、
10cmヒールの作り方なども教えていただけるということで福井先生にお願いして講座も行なってもらいました。
東京の教室などではせいぜい3cm教えるくらいでしたから助かりました」
なるほどな
面白そうですからイギリスの話聞いてもらいいですか?
「どぞどぞ」
それじゃ翌日のお昼ごろに伺いますわ
>>翌日
んじゃ、色々聞きたいですが、、、どうやってコードウェイナーズまで行かれたんですか?
「東京に窓口的なところがあるんですよ。
そこに相談してアイレッツ、IELTS (Wikipedia) 試験で向こうさんの要求する点数を越えました。」
語学勉強は何かしてはったんですか?
「もともと英語は得意かつ好きでしたね。
語学学校や駅前留学などは行っていません。
その後に東京で面接をしてパスしました」
それでイギリスまで行った、と。
「それから2年ですね。
向こうでは寮がありました。そこで世界中から来ていた方々と勉強しましたね」
感想は?
「楽しかったですよ!
時間が全然足りません!」
それじゃpart2では向こうでの様子を。

関連記事:

Follow me!