NPOシューネクスト人材育成事業(於・上田学園場所)

本日のセミナーは、ギプス(ネガ)から採り出したラストにトウ部を設け、全体のバリを取り去る作業でした。
このトウフォルムと、トウスプリングを左右同じにするのが至難の技なんです。 でも、生徒達の半数以上が この関連研修を受けて2年~4年。 流石に手馴れたものですねd(^-^)

140218kyukyoku01  140218kyukyoku03 140218kyukyoku04 140218kyukyoku05
下記写真は、今回、僕が生徒の足をモニターにデモンストレーションしているオックスフォード用ラストです。
フットプリントに乗せて各部位のメジャーリング。 次回は、もう少し足根部を絞って仕上げに掛かります(^o^)v

140218kyukyoku02
下記写真は、10数年前に僕の足をモニターにドイツ人シューマッハ(靴職人)マイスター達から作ってもらったラストです。
左からマイスター・ベーレ、マイスター・ローゼンクランツ、マイスター・リーヒェの作品。 各々異なったクセ(特徴)がありますね。 そこが面白いところ。 皆、僕の師匠達です!
次回は、生徒達にも この辺りまで仕上げて頂きます!(*⌒0⌒)b

140218kyukyoku06

講座名究極のオーダーシューズ製作セミナー
内容整形靴(オートペディ シューズ)セミナー 上級コースⅡです。
 本セミナーは、これまで開催して来たオートペディシューズセミナーの上級コースⅡになります。
 ギプスパンデージで足採型し、ラストからアインラーゲン(フットベッド)製作、デザイン・パターン製作から革裁断、製甲から底付け、仕上げまで、受講者自身の普段履き用のオックスフォード〈短靴〉製作を行います。
講師古瀬勝一(ふるせよしかず)氏
期間2014年1月~6月まで  隔週土曜日、午前10時~午後5時
  ※アインラーゲン仕様 オーダーラスト製作セミナーと合同開催
場所シューネクスト工房(初回のみ)と、上田安子服飾専門学校・ファッション工芸デザイン学科教室
授業目標ドイツのオートペディシューマッハマイスターシステムによるオートペディシューフィッティング テクニックの修得
授業日程と内容ギプスバンデージ足採型からのフル製靴実習
2014.1/18   ①フットプリントと詳細な採寸
          ギプス採型ネガ作製(初回のみシューネクスト工房にて)
   2/1    ②ギプス割りから硬質樹脂流し込み。ポジラスト作製
   2/15   ③ラスト底面の補正
   3/1    ④仮アインラーゲンチェック
           トウ部から甲部の補正(短靴モデルへ)
   3/15   ⑤甲部から踵部の補正
   3/29   ⑥ラスト全面仕上げ
   4/5    ⑦真アインラーゲン製作
   4/19    ⑧テストシューズパターン作製。テストシューズ製作
   5/10   ⑨テスト、修補正。真デザイン~パターン作製
   5/24   ⑩製甲
   6/7    ⑪底付(マイスター式ウエルト巻き。合成ソール作製)
   6/21   ⑫仕上げ。完成
定員定員6名 受講申込先着順
※但し、定員に満たない場合は再募集の為に開催を延期する
各自持参品各種工具と資材諸々(細かい指示は事前に連絡する)
※その他、細かい指示は事前に連絡する
対象オーダー靴製作経験者(シューフィッターレベルの足解剖学知識を有する者)
※但し、専門学校靴科や個人靴教室の教員・講師は受講不可
受講料6時間全12回150,000円
※別途資材費。資材は班員で調達し、費用は割り勘とする
※原則一括前納により受講可とするが、苦学生については要相談
お申込み各種申込み一覧
締め切り1月10日(金)(※但し、定員になり次第締め切ります)
過去の様子整形靴セミナー | シューネクスト

 

FACEBOOK:古瀬 勝一

関連記事: