【足と靴の相関理論セミナー・第1回】
NPOシューネクスト・コースセミナー(9.27.Sat. 於・レザークラフト フェニックス教室)

次の通りでしたd(^-^)

140927001

140927002

1、靴業界の流通、構造と現状

業界の構造と現状を知ってマーケティング。 敵を知り、己を知れば百戦危うべからず。
他とは違う価値を見出だし付加しなければ、この業界飽和状態状況の中を生きては行けない。

2、テオリー1

-内容-
①理論セミナーの意義とは?
②日本とEUの製靴技能者の違いとは? 日本の皮革と靴の歴史、そしてドイツ・ヨーロッパのマイスター制度。(靴業の地位向上)
③ユーザーと作り手、両者に必要な啓発と啓蒙とは?
④足は第二の心臓である真の所以とは? スポーツジムへ通うよりも、効果的な日常歩く事。 骨芽細胞とビタミンD。
⑤オステオロジー(骨学)とは? 骨の構造と、下肢から足部の骨と関節。
⑥作り手は、作る喜び、作れる喜び、作れた喜びで満足する傾向を見受けるが、何の、誰の為に靴を作るのか?

骨と関節と可動を熟知する事で、正確で適正なラストやパターンの製作が可能になる。
最近流行りのアインラーゲン(フットベッド)の作製も、どの関節で どのように骨格が変位しているのか?を解っていて初めて可能になる。 その足の変位とは、概ね筋肉(筋力)のアンバランス。
それ等を理解して、次回からは、足とラストの相関、スタティック アライメント~ダイナミック アライメント=運動の方向など、その運動を司る筋肉、そして歩行の詳しくについてを学習して行く。

…以上
そんな感じでしたd(^-^)

受講者は全員、量産靴メーカーと個人靴工房の人達です。
僕のように勉強の為に勉強するのではなく、皆、やっぱり、適正に稼ぐ為の勉強をしてほしいですね。

いつも学生達にも言ってます、「試験に合格する為の勉強ではなく、実践で使える勉強をせよ」とd(^-^)

足と靴の理論セミナーは次回は10/11(土)レザークラフトフェニックスさん3Fで開催されます。
見学は可能ですが、見学時間は1時間程度でお願いします。
講座受講生が優先ですので質問などはご遠慮ください。

講座名足と靴の相関理論セミナー
内容「足を熟知して靴を考える」これが《善い靴作り》の基本です。
ヨーロッパ靴先進国の靴技能士養成機関に於ける基礎学習は、造形・色彩学や靴工学(製靴技法)、ファッションビジネス学は基より、靴に関係する解剖生理学や運動力学(歩行)、そして医学が必須です。
ヨーロッパでは靴は古くから「《半医・半商》、医学の領域が半分入ったビジネスだ」と言われています。 しかし日本の靴業界、特に若い製靴技術者や靴デザイナー達には最も乏しい知識だと言えます。 そこで、次の通り《足と靴の相関理論セミナー》を開催します。
講師古瀬勝一(ふるせよしかず) 足と靴の健康介護サロン・プームス代表
     イタリアARS SUTORIA称号 シューモデリスタ スティリスタ
     ドイツVFF認定 med.フースフレーガー(メディカルフットケアワーカー)
Teacher | シューネクスト
期間2015年10月4日~2016年2月14日(全8回)
隔週日曜日 午前10時30分~午後5時30分
場所レザークラフトフェニックス3F 教室(参加人数により変更あり)
授業目標 座学にて、足と靴の相関理論と既製靴型検査法の基礎を修得する。
授業日程と内容10/4 1回目 靴業界の流通業態、各国生産足数と輸出足数、販売シェア、日本における経済効果等
10/25 2回目 テオリーⅠ 靴とデザインに関係する解剖生理学 Ⅰ 本セミナーの学び方  骨学
11/8 3回目 テオリーⅡ 足と靴型の相関 Ⅰ靴型への足骨格ポイント付け(靴型基線配列)
11/29 4回目  〃    足と靴型の相関 Ⅱ 靴型基線配列  既製靴型検査法
1/10 5回目 テオリーⅢ 歩行学(運動) 靴とデザインに関係する解剖生理学 Ⅱ 筋学  靭帯学  神経学
1/31 6回目 テオリーⅣ 足と皮膚の異常 Ⅰ  足の変形
2/14 7回目 テオリーⅤ 足と皮膚の異常 Ⅱ  皮膚の異常 糖尿病足
3/6 8回目 テオリーⅥ 国際商品知識 皮革計量 サイズ換算 靴型プロポーション
定員8名 (応募者8名以上の場合は会場を変更)
※但し、定員に満たない場合は、再募集の為に開催を延期する
各自持参品筆記用具、その他随時事前に連絡。
対象製靴経験者、靴業界関連全般
但し、専門学校靴科や個人靴教室の教員・講師は受講不可
受講料全8回 86,400円(税込)  別途資料代として5,400円頂戴いたします。
     *会員の場合、 77,760円(税込) + 資料代
原則一括前納
お申込みお申込み・お問い合わせ
締め切り2015.9.26(土)まで
過去の様子足と靴の理論セミナー | シューネクスト

関連記事: