靴型紙講座の初級後期がスタートしました。

今日は下記の内容です。

デコルテ(パンプス)=プレーン半面展開、卵・丸・Vカット

150613004

古瀬先生、ピタゴラスの定理なんて関係あるの?

「パンプスのヒール部分を考えるには真っ先に習う部分ですよ。
欧州の靴型紙の考え方では経験則ではなく、数値できっちりと学びましょう、という考え方です。
そのためにはこのような数式が重要となります。」

靴の釣り込み職人はこういうのを学んでいたらさらに技術は上がるの?

「あまり関係ないですよ。
やはり靴型紙を作る際に関係があるだけですね。

型紙作る人間がこのようなゲージ=定規を作り、釣り込みの職人さんに渡します」

150613006

 

この右側の紙がゲージなのね。
なんのためにあるの??

「これを底面部分にあてて印付してベルト部分をここに配置します。
このゲージきっちりにあわせて型紙を作っているので大変重要ですね」

150613007

 

イタリア・ミラノのアルス ストリア国際製靴技術学校パターンテクニック《システマ ルナティー》を基礎から徹底して学習します。
システマルナティーは学ぶことできっちりとした型紙が作れるようになります。
見学は数十分程度なら可能ですので事前にシューネクストに問い合わせた上でお越しくださいな。

問い合わせ先:Contact | シューネクスト

講座名靴パターンナー講座・初級コース後期
内容靴デザインのバリエーションを広げるには、高等なパターンテクニックが必要です。
そこで、下記の通り、シューモデリスタ・スティリスタ養成セミナーを開催します。
本講座では、イタリア・ミラノのアルス ストリア国際製靴技術学校パターンテクニック《システマ ルナティー》を基礎から徹底して学習します。
シューモデリスタ・スティリスタとは、イタリア独自の称号で、単にシューデザイン・パターンナーを指すのではなく、足を学術的に知り、工程を知り、素材を知り尽くした上でファッショナブルな靴をスタイリング出来るプロフェッショナルの総称です。
 また、システマ ルナティーとは、アドリアーノ ルナティー師(故)が開発したパターン製法で、イタリア国内靴メーカー全体の7割以上で採用されている技術です。
 本講座でルナティーを学び、貴方が想い描くデザインの全てを靴に具現化させましょう。
講師古瀬勝一(ふるせよしかず) 足と靴の健康介護サロン・プームス代表
     イタリアARS SUTORIA称号 シューモデリスタ スティリスタ
     ドイツVFF認定 med.フースフレーガー(メディカルフットケアワーカー)
Teacher | シューネクスト
期間2015.06~8月(全7回) 隔週土曜日 午前10時30分~午後5時30分
場所レザークラフトフェニックス3F 教室(参加人数により変更あり)
授業目標イタリア・ミラノのARS SUTORIA国際製靴技術学校システマ ルナティーを主にしたパターンテクニックの基礎修得。国産靴メーカーでの応用法での習得。
授業内容イタリア語で書かれた製靴教本に基づく各種基礎パターン実習
授業日程と内容6月6日 ①デコルテ(パンプス)=プレーン半面展開、卵・丸・Vカット
6月13日 ② 〃 =オープントウ,バックベルト
6月27日 ③サンダーロ(サンダル)=平行ベルト、クロスベルト
7月11日 ④スティバーレ(ブーツ).=ロングフィット、甲デザイン展開
7月25日 ⑤ 〃 =裏型展開法
8月8日 ⑥ 〃 =ロングルーズ,各種クリンピング
8月22日 ⑦ 〃 =裏型展開法
定員6名 (応募者6名以上の場合は会場を変更)
※但し、定員に満たない場合は、再募集の為に開催を延期する
各自持参品型紙用工具一式、カリキュラム項目に応じたラスト
※その他、細かい指示は事前に連絡
対象専門学校靴科学生、個人靴教室生徒、靴事業所従事者
※但し、専門学校靴科や個人靴教室の教員・講師は受講不可
受講料全7回83.160円   別途、テキスト資料代5400円
申込時一括前納 ※シューネクスト会員(年会費6000円)の場合75.600円
お申込み各種申込み一覧
締め切り2015.5月末まで
過去の様子パターンセミナー | シューネクスト

関連記事: