フィットブーツバリエーションセミナーはブーツの型紙を学ぶセミナーです。

 フィット ブーツ バリエーション パターン セミナー全9回 6月~9月 日曜開催 | シューネクスト

150614001

150614002 150614000 150614006

先ずは、オックスフォードラスト(or パンプス ラスト)と、フィット・ルーズ フィット・ルーズの3種類のラスト プロポーションの異なりを数値で説明しました。
それが解っていれば、オックスフォード からブーツ ラストへの補正加工が容易ですよねd(^-^)

150614008 150614005

そのラストが持つヒール エレベーションの求め方をWBで説明しました。
シャフト(筒)を真っ直ぐ立てるブーツ パターンの設計では、ヒールエレベーションがとても重要です(*´・ω-)b
セミナーで使うテキストはアルスで使われているものと同じです。そのためイタリア語ですので日本語でわかりやすいように解説しています。

150614003 150614004

フィット ブーツ バリエーションの原型作製です。
これがレースUPブーツやジョッパーブーツ、サイドゴア ブーツやボタン ブーツなど全ての原型になります(o´エ`o)b

フィットブーツバリエーションセミナーは浪速区のレザークラフトフェニックスさん3Fで日曜に開講中です。
次回は未定ですが、10分程度の見学は可能です。
見学希望の場合は一度メールにてお問い合わせください。

Contact | シューネクスト

講座名フィット ブーツ バリエーション パターン セミナー
内容NPOシューネクスト開設以来、パターンセミナーはコース制でした。 それは、パターン技能を基礎からプロ パターンナー レベルに至るまで確り学んで頂きたい!と考えていたからです。
 でも、「オックスフォード(短靴を総称して)は他教室で習ったけれど、ブーツは習っていないから…」、また、最近のアンクル丈ブーツやニーハイ ブーツの流行もあって「ブーツ パターンだけ教えて欲しいのですが…」と言う問い合せが大変多くなりました。 そこで、先ずフィット ブーツ パターン専門のセミナーを開講する事としました。
 人気のブーツ デザイン バリエーションを揃えました。 作ってみたいデザインだけ選んでスポット受講出来る自由選択セミナーです。(但し、初回のみ必須受講)
 パターン システムは、「ブーツ パターンの美しさも世界一だ!」と言われている、イタリア ミラノ・アルス ストリア国際製靴技術学校の《システマ ルナティー》です。
講師古瀬勝一(ふるせよしかず)氏
期間締めきりました。
2016年10月2日~2017年3月5日  隔週日曜日
全9回  午前10:30~午後5:30
場所レザークラフトフェニックス3F
授業目標人気のブーツ デザイン バリエーションを揃えました。
 ブーツ型紙の考え方、作り方を学べます。

 作ってみたいデザインだけ選んでスポット受講出来る自由選択セミナーです。(但し、初回のみ必須受講)
授業日程と内容2016.10.2 ①フィット ブーツ バリエーション 原型パターン作製
各フィット ブーツ デザイン パターン受講希望者全員の必須セミナーです。アンクルレースアップブーツやジョッパーブーツなどフィット ブーツ総てに共通する原型パターンになります。
10.23 ② ロング フィット ブーツ: アッパー パターン作製
11.6 ③     〃      : ライニング パターン作製 (①続き)
11.27 ④ニーハイ フィット ブーツ : アッパー&ライニングパターン作製
12.11 ⑤サイド ゴア ブーツ : アッパー&ライニング パターン作製
2017.1.8 ⑥アンクル レースアップ 外羽根ブーツ(アコーデオン・蛇腹ベロ式)
 : アッパー&ライニング パターン作製
1.29 ⑦ジョッパー ブーツ : アッパー&ライニング パターン作製
2.12 ⑧ボタン ブーツ : アッパー&ライニング パターン作製
3.5 ⑨トレッキング ブーツ : アッパー&ライニング パターン作製
※初回の原型パターン製作は必ず受講して下さい。
定員定員6名 受講申込先着順
※但し、定員に満たない場合は再募集の為に開催を延期する
各自持参品各種工具と資材諸々(細かい指示は事前に連絡する)
※その他、細かい指示は事前に連絡する
対象製靴・パターン作製経験者
     但し、専門学校シューズ科・個人靴教室の教員・講師は受講不可。
受講料全9回受講  112,500円 (会員 108,000円)
     スポット受講  16,000円(一回につき)
     別途資料代    5,000円(受講生全員必須)
     一括前納にて受講可とします。
お問い合わせお問い合わせ

関連記事: