13.4/6の整形靴講座の前の雑談を聞いてみた

4月6日土曜日、上田安子服飾専門学校を借りて行われている整形靴セミナーを見て来ました。

オートペディシュー(整形靴) 講座 (中級コース)

4/ 6  ⑧実: 複数のマテリアルの組み合わせ
オーダーアインラーゲンの作製

1304ueyasu006

古瀬勝一先生、今日の内容は?

古瀬氏「今日はリュウマチや糖尿病で足に障害を負った人のためのアインラーゲン作成です。
アインラーゲンってのは中敷きのことですね。

で、その前に国が調査した靴の資料を基に座学を行なっています」

どんな内容?

1304ueyasu001

「この調査を見てもらえればわかりますが、どういう靴が求められているか、それに対してどれくらいの数があるのか、などですね。
で、私の体験談を交えての話です。

例えば、、

・お客の70~80%は女性
・土曜日がかきいれどき
・2足のわらじを履くなら店を任せる人間を育ててから外に出ろ
・欧州の靴マイスターは日本の靴を柔らかく作られていると感じる
<文化の違い。でも糖尿病の人などには柔らかい靴はご法度。が、逆に日本では糖尿病の人ほど柔らかい靴を履いている、という現状。
<日本ではデメリット表示が許されないから

等々ですね。

伊達に靴の工場やドイツで学んだり、実際に整形靴を販売してきたわけじゃないですからそういう現場の声や今現在の現状などを伝えています」

 

というような雑談を1時間ほどしてから本日のメイン、アインラーゲン制作へ。。

関連記事:

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください