シューズパターンナー中級コースがレザークラフトフェニックス3Fにて開催されました。

160130005

絶対領域への拘り。ニーハイブーツ

このブーツは、単にシャフト(筒)が長ければ良いと言う訳ではないんですよね。
ミニスカート丈の長さやニーハイソックスの長さなどとの関連、ボトム コーディネートを考慮しなくてはなりません。

「女のコ達の神聖にして不可侵、綺麗な《絶体領域》への拘りは凄いんですよ❗」とΣ(゜Д゜)

12647181_435823943277636_4423123605519519199_n
しかし、不思議な事に「自分の脚に自信が無い」と言う学生女子にニーハイブーツを作る傾向があって、何故❔と問うたら「脚が綺麗な女性は、脚を隠す必要がないでしょ」との事でした。 …なるほど、女性の心理ですねd( ´∀`)
アドリアーノ ルナティー師匠(故)の型紙術《システマ ルナティー》は美しいですねぇ~。

160130001 160130002

Stivaletto ” Cow-boy” ウェスタンブーツ?カウボーイブーツ?

次は、所謂ウエスタンブーツです。(ウエスタンブーツは和製英語。正式名称はカウボーイブーツ)

160130006
馬上用ウエスタンブーツの機能的特長は、素早く鐙に足を架け易いように細く長いトウ。
そして、鐙から足が外れ難いように高く前方に入り込んだヒール。
シャンク部は、鐙で潰れないように丸く分厚く作られています。
踵に付ける拍車は、鞭の代わりに馬に刺激を与える為の物です。

160130003
カウボーイは、片手に手綱、もう片手にロープを持っていたので鞭が使えませんでした。
また、農耕用ウエスタンブーツは、トウが丸く、ヒールを低くして地上で活動し易いように作られました。 それをローパーブーツと呼びます。
何れにしても、シャフトが長く硬く作られているのは、毒蛇や先の鋭い農耕道具などから下腿を護る為ですd(^-^)

160130004 160130005

最近の若者達に訊けば、パンツの裾をシャフトの中に入れて履くものだと思っているようですが、実は逆なんですよね。
シャフトをパンツの中に入れて、砂や毒虫などがブーツの中に入らないようにしていたんです。
それで履き易いように、膝下のロング丈ではなく、脹ら脛までのハーフ丈で作られているんですよ。

160130006
また、シャフトの刺繍は、腰掛けて足を組んだ時、パンツの裾からチラリと覗く柄を見せてお洒落を競っていたのだそうです。
カウボーイ達の拘りと粋だったんですね。 このブーツ用に開発されたGパンが、所謂ブーツカットモデルです。
若者にも、旧いマカロニウエスタン・西部劇映画を鑑てもらいたい❗ですね(*´・ω-)b
靴のデザインには、全てに於いてファッション以前の機能的理由が存在します。 それを解っていたら、靴作りが100倍愉しくなりますよ❗(*⌒0⌒)b

今期の日程は下記のように行われています

講座名靴型紙講座 シューモデリスタ・スティリスタ養成セミナー中級
内容本講座では、足と靴デザインの相関を知り、イタリア・ミラノのアルス国際製靴技術学校式パターンテクニック《システィマ ルナティー》を基礎から徹底して学習します。

シューモデリスタ・スティリスタとは、イタリア独自の称号で単にデザイン・パターンナーを指すのではなく、足を学術的に知り、工程を知り、素材を知り尽くした上でファッショナブルな靴をスタイリングできるプロを指します。
つまり、メーカーからショップに至るまで、靴業のどの分野においても適応できる靴スタイリストです。
このように、プロの靴スタイリストを目指して学んで頂く講座です。
講師古瀬勝一(ふるせよしかず) 足と靴の健康介護サロン・プームス代表
     イタリアARS SUTORIA称号 シューモデリスタ スティリスタ
     ドイツVFF認定 med.フースフレーガー(メディカルフットケアワーカー)
期間2015年9月12日~2016年4月9日まで  
隔週土曜日(全12回)午前10時半~午後5時半
場所レザークラフトフェニックス3F 教室(参加人数により変更あり)
授業目標イタリア・ミラノのARS SUTORIA国際製靴技術学校システマ ルナティーを主にしたパターンテクニックの基礎修得
授業内容イタリア語で書かれた製靴教本に基づく各種基礎パターン実習
授業日程と内容9/12 1 サンダル(タック・ギャザー、アンシンメトリー、デザインサボデザインなど)
9/26 2 パンプス(プレーン内外採り展開法、アンシンメトリーデザインなど)
10/24 3 パンプス(セパレート、Tとアンクルストラップ、ギリーデザインなど
11/7 4 外羽根(外羽根モカ、蛇腹式ベロ・チロリアンなど)
11/14 5 外羽根(ワンピース調デザインなど)
12/12 6 内羽根(ブローグのバランス、ワンピースなど)
1/9 7 内羽根(サドル、ギリーデザインなど)
1/30 8 ブーツ(ウエスタンデザイン、ニーハイ ブーツ)
2/13 9 ブーツ(蛇腹式ベロ アンクルブーツ、サイドゴアブーツなど)
3/5 10 ブーツ(ジョッパーブーツなど)
3/26 11 モカシン(ベロ内ゴム式、ワンピースデザインなど)
4/9 12 修了・昇級試験と総復習 【各回1~2点作製】
定員定員5名 (応募者8名以上の場合は会場を変更)
        但し、定員に満たない場合は、再募集の為に開催を延期する。
各自持参品型紙工具一式(デザインテープ・カットマットを含む) 
①自分用ラスト 各種靴型 ②型紙裁断包丁orカッター ③30cmと15cmの定規 ④巻き尺(メジャー) ⑤ルレット ⑥製図用筆記具 ⑦型紙用コンパス ⑧セロテープ ⑨甲革用ゴムのり ⑩刷毛or細いパテ(またはペイント)ナイフ ⑪型紙用ケント紙 ⑫紙アッパー用紙(B4のコピー用紙またはロール茶紙) ⑬デザインテープ ④ダーマトグラフペン(=蝋ペン。プララストを使う者)詳しいことはシューネクストまで。    
対象基礎・初級コースを修了した人(例 シューネクスト初級講座卒・西成製靴塾卒など)靴業者(専門学校靴科コースや、個人靴教室の教員・講師は参加不可)
受講料全12講座  144,000円 
        資料代     5,000円 
     料金については、一括で前納
お申込みお申込み・お問い合わせ
締め切り終了
開講中です。
ご見学希望の方はお問い合わせ下さい。
過去の様子パターンセミナー

4月30日より次期型紙コース開始します

講座名靴パターンナー講座・初級コース前期
内容靴デザインのバリエーションを無限に広げる為には、高等なパターンテクニックが必要です。
そこで下記の通り、シューズ パターンナー養成セミナーを開催します。
本セミナーでは、イタリア・ミラノのアルス ストリア国際製靴技術学校のパターンテクニック《システマ ルナティー》を基礎から徹底して学習します。
システマ ルナティーとは、アドリアーノ ルナティー氏(故)が開発したパターン製法で、イタリア国内靴メーカー全体の7割以上で採用されている技術だと言われています。
 本講座でパターンを学び、あなたが想い描くデザインの全てを靴に具現化させましょう。
※(各コースは、【前期】と【後期】に分けられています)
講師古瀬勝一(ふるせよしかず) 足と靴の健康介護サロン・プームス代表
     イタリアARS SUTORIA称号 シューモデリスタ スティリスタ
     ドイツVFF認定 med.フースフレーガー(メディカルフットケアワーカー)
Teacher | シューネクスト
期間今年度は募集を締めきりました。
場所レザークラフトフェニックス3F 教室(参加人数により変更あり)
授業目標イタリア・ミラノのARS SUTORIA国際製靴技術学校システマ ルナティーを主にしたパターンテクニックの基礎修得。国産靴メーカーでの応用法での習得。
授業内容イタリア語で書かれた製靴教本に基づく各種基礎パターン実習
授業日程と内容2016.12. 3①オックスフォード(短靴)ラストの原型パターン製作
   12.24②デルビー(外羽根)=プレーン直線展開法とピボット展開法
2017. 1. 7③   〃   =裏型展開法とトウチップ デザイン
    1.21④フランチェジーナ(内羽根)=プレーン展開法
    2. 4⑤     〃     =裏型展開法とトウチップデザイン
    3. 4⑥モカシーノ(モカシン)=イミテーションモカシン展開法
    3.18⑦    〃    =裏型展開法
定員定員6名 
*定員に満たない場合は、再募集の為に開催を延期する事があります。
各自持参品型紙用工具一式、カリキュラム項目に応じたラスト
※その他、細かい指示は事前に連絡
対象専門学校靴科学生、個人靴教室生徒、靴事業所従事者
※但し、専門学校靴科や個人靴教室の教員・講師は受講不可
受講料全7回 87,500円 (会員 84,000円) 一括前納
別途資料代5,400円(一回目の授業で直接支払って下さい。)
お問い合わせお問い合わせ
過去の様子パターンセミナー | シューネクスト

関連記事: