はじめての手づくり靴を受けてきた 0914 縫い割った。叩いた。また縫った。

シューネクストのはじめての手づくり靴講座を受けてきた第2弾です。
これが型紙です。
hajimete202.jpg
で、今回はこの型紙下部にある鯨の尾のようなパーツを抜い割ります。
0914nuiwari02.jpg


上記が縫い割をした状態です。
尾の切れ目部分に漉きを施し、ミシンで縫っていきます。
0914nuiwari03.jpg
0914nuiwari01.jpg
このように縫います。
ミシン縫っている風景を自分自身で撮れないのが
難点ですな。
0914nuiwari05.jpg
縫った後にこの肩たたきにちょうど良さげな木製の道具『馬』を
使います。
0914nuiwari06.jpg
このように載せ、、
0914nuiwari07.jpg
0914nuiwari09.jpg
0914nuiwari10.jpg
トトトントン♪と叩いていきます。
縫い割り、というだけあって縫った革の端っこが
足に当たらないようにパーツをわけて、叩き潰すイメージで
叩いていきます。
割っている部分はカカトに当たる部分ですので
カカトにダメージを与えないように細かくわけていきます。
0914nuiwari11.jpg
甲革=アッパーと呼ばれる部分の完成です。
で、次に
0914nuiwari12.jpg
同じよな手順で内側パーツ=ライニング部分を作っていきます。
0914nuiwari13.jpg
こちらも手順は似たようなものです。
裁断>漉き>縫い
0914nuiwari14.jpg
甲と内側パーツが完成しました。
ここでタイムアップ。今回は午前午後と6時間ほど一気にやりました。
次回はいよいよ吊り込みを行う予定です。

関連記事:

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください